唐津市旅館協同組合

地区別

形態別

唐津シーサイドホテル

唐津ロイヤルホテル

洋々閣

松の井

国民宿舎 虹の松原ホテル

坂本家旅館

綿屋

御宿 海舟

水野

長崎荘

大政

郵政クラブ二の門荘

富久家

みどり

南海荘

川口屋

ホテル宙

唐津第一ホテル

壱岐屋

しらさぎ荘

あさひや

都荘

唐津 網元の宿 汐湯凪の音

夕映えの宿 旅館 魚半

唐津市旅館協同組合 唐津の宿 karatsu-yafo.com

360°パノラマで見る唐津温泉
パノラマで施設を見る

女将の日記

おかみの日記 坂本家

先日、久しぶりに友人宅を訪ねると庭先で〝しだれ梅″が咲いていました。あまりの美しさにパチリ。その後、竹の子山に登り筍発見!!初物だ~っ!とパチリ。帰りに近くの公民館に寄ると、殺風景な中に一本の河津桜が満開!思わずパチリ。天気もポカポカ私の心もポカポカ、今日は春を感じる一日でした(^^♪
私事はこの辺で・・・・
今年のゴールデンウィーク(10連休)の過ごし方はもうお決まりですか?
全国の「唐津くんち」ファンの皆様に朗報です!5月5日に改元を記念して「祝賀奉曳」が行われることになりました。14台の曳山が「唐津くんち」と同じコース・・唐津神社を正午に出発し、4日町廻りコース・・・を巡行いたします。今年のゴールデンウィークは、11月2・3・4日のくんち本番でしか見ることのできない14台の曳山巡行を是非見に来てくださいませ!!お待ちしております。エンヤーエンヤー♪

             坂本家旅館  若女将 坂本信子

おかみの日記 魚半

唐津は、「唐の湊」と書くように、太古の昔から韓国、中国大陸と縁の深いところです。
日本書紀には、神功皇后が新羅出兵に際して川で戦勝占いをし、鮎が釣れたことが「めずらしきものなり」と言った言葉から「めずらの国」というようになりました。それが訛ってこの土地を「松浦」と呼ぶようになったそうです。
そしていよいよ出兵しようと風待ちする島、神功皇后が海上安全を祈るため神々を集めたという「神集島」には、万葉集の歌が七つあります。
先日お客様から、万葉集を辿る旅の話を聞かせて頂きました。もちろん神功皇后が釣りをされた「玉島川」や「虹の松原」も訪ねられましたが、「神集島」へ渡り、島のご老人から聞かれた話ですが、子供の頃、島の人達が自然に使っていた「チング」という言葉の意味が、大人になってやっとわかったそうです。その「チング」という言葉は、韓国語で「友達」という意味で、以前は韓国の人も漁に出て、唐津の島人との親しい交流が息づいていたそうです。
昨今、韓国と日本の緊張した国際関係の中、ひと昔前は人と人との素朴で温かみのある関係が国は違っても結ばれていたのだと思うと、外国からのお客様にも親しみが増して嬉しくなります。ひと晩宿にお泊りになり、朝お見送りする時には手を振ってお客様の旅の幸運と安全をお祈りしています。

                      旅館魚半 女将 小川眞理